家庭教師は子供の事を一番に考えて選びましょう

家庭教師まるっとお見通し

塾と家庭教師の違い

家庭教師と個別塾(1対1)

個別塾(1対1)の特徴

こちらは、完全な1体1になるので、生徒のレベルに合わせて勉強を進めていく事ができます。分からない所があっても、丁寧に教えて貰う事ができるのです。しかし、マイナス点があります。まず、金額的に少し高めになっています。
完全に1対1なので、先生がずっとつきっきりで、勉強を教えてくれて、質問をしやすくなっています。

個別塾(1対1)に向いている子

●自分の理解していない所がわかる
●問題を事前に解いて、塾では分からない所を中心に勉強出来る子
●自分の勉強のやり方がわかり、家でもある程度勉強が出来る子

個別塾(1対1)の知っとこう情報

1対1の個別塾に通っていたとしても、事前に渡されているプリントをやらずに塾でやっているのでしたら、塾に行っても、プリントを解いている時間が長くなり、質問する時間がなくなってしまいます。ですので、この場合も図書館に1人で勉強をしに行くようなものです。言ってみれば、塾と言う場所を借りる為だけに毎月月謝を払っているようなものなのです。それでは、毎月何万円も払うのはもったいないですよね。そうなっているのでしたら、家で自分で受験勉強をした方が時間的にもお金的にも良いと思います。
しかし、家できちんと勉強をして、分からない所を塾で質問をすると言う勉強方法ができるのでしたら、個別塾ではかなりの成果が出てくるのではないかと思います。
また、塾に行くまでの時間も少しもったいない気がします。家と塾までの距離が近ければいいのですが、平均的に塾までの時間はだいたい30分~1時間ぐらいかかってしまいますので、その間は、何も出来ない時間となってしまいます。

家庭教師なら

まず、一番の違いは、家で勉強を習うのか、外で習うのかの違いになってきます。授業の状態は1対1と両方ともかわりません。しかし、これは個人的な意見なのですが、いくら塾で1対1だとしても、なんだか勉強をしに行くと言うよりは、教わりに行くと言う感じがします。
一方家庭教師なら、 塾までの移動時間がないので、効率よく勉強をする事ができますし、親の送迎と言う所でも、大変助かる所ではないかと思います。しかも、塾とは違い家庭教師なら、先生とも仲良くなりやすいので、勉強以外の相談などにも乗る事が出来るのも大きな違いとなります。
さらに、家で勉強をするので、生徒の生活リズムに合わせて授業の時間が決めれます。よって、家庭教師が付かない日の勉強も家庭教師がこの子の生活リズムに合わせて管理する事ができるので、自分で勉強をする癖を付ける事ができるのです。勉強の癖がついていつ子供は受験前に焦って勉強するということもなく、きちんと計画的に勉強することができます。

 

▲ページトップ

 

Copyright c Lease Article 家庭教師まるっとお見通し.All rights reserved