家庭教師は子供の事を一番に考えて選びましょう

家庭教師まるっとお見通し

塾と家庭教師の違い

家庭教師と個別塾

個別塾の特徴

生徒1人、1人が仕切で区切られています。勉強の進め方は塾が用意したプリントなどを解きながら、分からない所があれば先生に質問をしていくやり方です。
分からない所などを教えてもらう時には個別で指導して貰えるのですが、実際の所は、先生1人対生徒2~3人となっているのが普通です。
進学塾に比べれば、1人1人に会うような勉強の進め方などができます。

個別塾に合っている子

●自分が分からない所を分かっている
●積極的に先生に質問が出来る
●問題を解くよりも質問に長く時間をかけれる子
●自分の勉強のやり方を知っていて、家でも勉強をある程度出来る子

個別塾の知っとこう情報

もし、週一回個別塾に行っているとして、一回の授業が90分だとします。そうすると、実際に先生から指導をして貰えるのが半分の45分程度となります。生徒が3人だと30分となります。
しかも、積極的に質問が出来る子は45分ではなくて、もっと長い時間指導をして貰えます。もちろんこれは、相手の指導時間を使っての事になりますので、質問出来ない子は、1体1で勉強を教えて貰う時間がなくなってしまいます。そう言う子は、塾に自主学習をやりに行っているだけになるのです。

他にも、事前に渡されたプリントを家でやらずに、塾でやっている子もいますが、このような子も塾では問題だけをやって質問する時間がなくなってしまうので、質問出来ない子とあまりかわりません。
そのような状態で塾に行っているようでしたら、図書館に1人で勉強をしに行くのと同じ事ですので、お金を払う意味がなくなってしまいます。

家庭教師だと

家庭教師なら皆さん知っての通り、完全な1対1での勉強となります。個別塾と同じ90分の勉強時間でしたら、90分フルにこの子だけに使う事ができます。
ですので、質問が出来なくて、指導をして貰えないという事は一切ないですので安心できます。
さらに、常に1体1ですので、生徒の今の状況を常に把握できるので、的確な指導ができます。

▲ページトップ

 

Copyright c Lease Article 家庭教師まるっとお見通し.All rights reserved